今年のリオデジャネイロ・オリンピックでも活躍した女子バレーボールの木村沙織選手。

自身のブログで今季のVリーグを最後に現役を引退する意向を明らかにしています。

 

10月10日に「ご報告。」というタイトルで投稿されています。

 

ブログでは、

「今年で50周年を迎えるVリーグ。

ここを自分のバレーボール人生

最後の場所にしたいと思っています。」

と綴られています。

 

現在は、東レアローズにメンバーとして在籍している彼女。

 

以前から、「リオ五輪を最後にする!」を周囲に宣言していたようですが、

最後の場所にVリーグを選んだようんですね。

 

木村沙織選手は、アテネ、北京、ロンドン、リオデジャネイロと、4度のオリンピックに出場。

4度と言えば16年。気がつけばもうそんなに時が経ってしまったのですね。

 

彼女が高校生のとき、全日本入りして話題になったことは、まだ少し前のことのように感じます。

 

現役最後の舞台として選んだVリーグで、思う存分プレーを楽しんで活躍して欲しいですね。